永久脱毛で産毛を退治したいなら脱毛器も大事!

私は昔から毛深いことがコンプレックスでした。
学生の時は体育の授業や普段の制服で足を出すことがあったので、毎日のように自己処理していました。
毛も濃く太いので、自己処理しても次の日には毛が生えてきてしまい、触るとチクチクした肌になるし、肌が黒い点々がたくさんあるように見えてしまい自己処理での限界を感じていました。

それにカミソリで自己処理すると肌が乾燥してしまったり、カミソリの刃で肌を傷つけてしまったりしました。
夏時期は肌が炎症を起こして、赤いプツプツができてしまうこともありました。
たまに毛抜きで抜いたりもしました。
カミソリで剃るよりも一時的には綺麗になるのですが、その後に生えてきた毛が埋没して生えてきて、さらに汚くなったこともあります。

社会人になり、脱毛サロンに通うことにしました。
ひざ下、ひじ下、脇、背中の脱毛をしました。
背中は通う回数も少なかったのか、あまり効果は感じませんでしたが、それ以外はほとんど自己処理しなくてよくなり、普段のお風呂の時間がゆっくりと過ごせるようになりました。
毛がほとんど生えていない状態で、生えていても細い毛が生えているだけなので、触ってもチクチクしません。

そして今はこの細い毛や産毛をしっかり永久脱毛しようと、広島市内でクリニックに通っています。
サロンの脱毛だと産毛には効果がないし、医療機器のしっかりしたものを使えば産毛も対象になります。
とは言え、医療脱毛のマシン全てがそうか、と言われればそうではありません。
なので脱毛機が1つしかないようなところは産毛対応できない場合があり、そういう意味ではしっかり選ぶ必要が出てきます。
クリニックならどこでもOK、効果高い!と思い込むと時間のムダになりかねません。

私も最初は永久脱毛 広島で大手を選べば間違いなし!と思っていましたが、
ジェントルレーズだけしかないようなクリニックの医療脱毛だと自分には合わないと勉強してやっとわかりました。
脱毛したいパーツの料金等も大事ですが、やっつけたい毛がどういう種類か、自分は日焼けしていないか、などもけっこう大事になってくるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です