脱毛機は痛いか、痛くないか、でしょ!?

なぜこんなにたくさんの種類の脱毛機があるのか?
・・・医療脱毛について知っている人であれば誰もがそう思ったことがあると思います。

1社独占ではないのでそういうのが普通かもしれませんが、
どのクリニックでもうちはこれを使っている!みたいなアピールが多いですよね。
どれもメリットばかり強調されますが、結局どれがいいの?ってなっちゃいます。

これだけ多種類になっているのは、おそらく年々開発が進歩し、
バージョンアップしたり新商品の開発ができているから、に他ならないと思います。

例えば、
エリート⇒エリートプラス
ジェントルレーズ⇒ジェントルレーズプロ
みたいなメジャーアップデート的なのはよく目にしますよね。

痛みからの解放はあり得ないのか?

これは医療脱毛の長年の課題ですよね。
この痛さが嫌で永久脱毛を断念した方も多いと思います。
それくらいこの問題は根深いです。

近年では割と痛みがマシと人気なのがソプラノ、ライトシェアデュエットなどでしょうか。
とは言え、想定していたよりも痛くない、という感じなので、
やっぱり脱毛の施術時は痛いと感じる方が多いです。

また部位によって感じかも違って、Vラインは特に痛いという方が多いですね。
それ以外は、むしろ冷却のジェルの冷たさがきついという感想も多いです。
痛いよりはそっちのがほうがまだいいかな、って感じはすると思いますが。

最強はあれ

2015年になってからはメディオスターNeXTという機器が注目を浴びています。
現状、これが一番痛くない永久脱毛できる脱毛マシンと言っていいでしょう。
男性のヒゲ脱毛でも痛みがほぼない!というレベルであり、
女性の口コミなどを見ても相当絶賛されています。

ですが日本ではまだ導入されているクリニックが非常に限られており、
首都圏でもそう簡単には見つからないのが現状です。

脱毛料金的には従来のものと同じ水準か、
むしろちょっと安くできたりするところもあるのでそういう意味でも敷居の高さはありません。
※超有名美容クリニックとかだと高いですが。